【英語字幕で勉強】ウォーキング・デッドで英語学習

ウォーキング・デッドサムネ

  • ネイティブの英語を聞き取れるようになりたい
  • くだけたカジュアル表現を知りたい
  • 人をはげます表現を学びたい

という方におすすめの海外ドラマが『ウォーキング・デッド』です。

本記事では『ウォーキング・デッド』を使った英語学習の難易度や勉強に使えるおすすめの動画サービスを紹介します。

作品概要

ウォーキング・デッドはゾンビがさまようアメリカを舞台に保安官リックを中心とした生存者が安全な場所を探し求めて恐怖に立ち向かうパニック・サバイバルドラマです。

評価の高い特殊メイクアーティストが参加しており質の高いゾンビホラードラマでもありますが、恐怖にさらされた人間が何を感じてどう行動するのかを描いたヒューマンドラマとしても高く評価されています。

シリーズ開始以来、全米や日本で多くのファンが生まれ、2011年から2年連続でテレビドラマ界のアカデミー賞であるエミー賞を受賞したドラマです。

現在シーズン10までの140話が放送されており、シーズン11の制作まで決定しています。

ウォーキング・デッドの英語難易度

『ウォーキング・デッド』で使われる英語の難しさを評価した結果は下表の通りです。

項目 評価
スピード ゆっくり~普通
発音 ネイティブ
訛り なし(標準アメリカ英語)
セリフ量 少ない
総合評価 中級者向け

会話のスピードはゆっくり~普通程度ですが発音はネイティブレベルで音のリンキングが多用されているため聞き取りは難しく感じるかもしれません。

話される英語に訛りはなくセリフ量も少ないので中級者向けの海外ドラマと言えるでしょう。

『ビウォーキング・デッド』の英語について詳しく見てみましょう。

発音のわかりやすさ

紹介シーン訳
  • I woke up in the hospital.
    病院で目覚めたんだ。
  • That's all I know.
    わかっているのはこれだけだ。
  • Do you know about the dead people, right?
    ゾンビについては知っているよね?
  • I saw a lot of that out on the loading dock even toss down the stairwell.
    搬出口あたりでたくさん見たし、吹き抜けでも投げ捨てられていたよ。
  • Not the ones they put down the walkers.
    それじゃない。歩くやつらだ。

『ウォーキング・デッド』の主人公リックが病院で目覚めて世界がゾンビだらけに変わってしまったことを目の当たりにしたシーンを訳してみました。

単語に難しいものはありませんが、put downなどネイティブならではの使い方がされているのが勉強になります。

訛りの有無

『ウォーキング・デッド』では基本的には訛りはなく、標準的なアメリカ英語が話されます。

使われている単語

ゾンビに囲まれている特殊な状況でありますが、使われる単語は一般的なものが多く、専門用語はあまり出てきません。

英語字幕を見る方法

『ウォーキング・デッド』の英語字幕は動画見放題サービスのHuluかAmazonプライムビデオで視聴できます。

英語字幕を選択できるHuluを利用するのがおすすめです。

Hulu

hulu

Huluであれば『ビッグバンセオリー』の全話を見放題で見れます。

Huluは月額933円(税抜き)で利用できる動画配信サービスですが、初回登録であれば無料で14日間体験できます。 ※無料体験期間中に解約すればお金はかかりません。

無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに
※31日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません。

Amazonプライムビデオ

amazonプライムビデオ

Amazonで買い物をする機会がある方にはAmazonプライムビデオでの視聴をおすすめします。

プライム会員になればシーズン10を除くシーズン1~9を無料で視聴可能です。

別記事にてプライム会員に登録するのはお得かどうかを検証しているので確認してみてください。

既にプライム会員である場合はシーズン1~7までをプライムビデオで見て、シーズン8のみHuluで学習すれば安く抑えられるかもしれません。

12種類の特典を試し放題
無料で1ヶ月間特典を使える

勉強中の方の口コミ

『ウォーキング・デッド』を使って実際に英語を勉強している方々の口コミを集めました。

海外ドラマで英語を勉強すると楽しみながらできるので毎日継続しやすいです。

海外ドラマで英語を勉強するとリスニングがよく鍛えられるのが示されていますね。

関連した記事