スペイン語を効率よく身につける勉強法【2019年版】

  • 『スペイン語の勉強をしているけどなかなか上達しない』
  • 『文章を読めるようにはなってきたけど会話が全然できない』

と悩んでいませんか?

私も南米での駐在が決まってスペイン語をゼロから学び始めた時、なかなか上達しなくて困っていました。

闇雲に勉強しても上達しないと感じたので、まずはネットで紹介されている勉強法や参考書を調べて効率よくスペイン語を習得する方法の考案に時間を使いました。勉強法を考える時にはスペイン語だけでなく、情報が多い英語学習の知見も取り入れました。

その結果、3ヶ月で現地社員と一緒に仕事ができるまでスペイン語が上達できたのです。

本記事では自分が組み立てた効率良くスペイン語を習得する方法を自身の経験を踏まえてアップデートした最新版のスペイン語勉強法を紹介します

よりスムーズにスペイン語で仕事ができるよう今でもスペイン語の学習を続けているので、適宜良いと感じた教材を追加しています。 

スペイン語上達ステップ1:簡単な日常会話を繰り返す

英語を勉強する時、“How are you?”や”Good night”といった簡単な日常会話から学び始めましたよね。

いきなり語学学校に通っても知らないことが多すぎて時間をうまく使えません。

そこでスペイン語学習の最初の一歩としておすすめするのはメッセージアプリ上での会話です。

メッセージアプリで日常会話を練習するメリットは次の通り。

メッセージアプリでスペイン語を学ぶメリット
  • 簡単で短い文を基本として会話ができる
  • メッセージの理解や作成に時間をかけられる
  • 単語のサジェスト機能のおかげでスペルミスに悩まない

ネイティブの人と話そう

まずはメッセージアプリ上でやりとりのできる人を探しましょう。

第二言語などでスペイン語を話せる人は世界中に多くいます。実際、アメリカではスペイン語圏からの移民が多いので街中でスペイン語がある程度使えます。

メッセージ相手としてはできるだけスペイン語が母国語のネイティブを選ぶようにしましょう。

おすすめの学習用メッセージアプリHelloTalk

HelloTalk-logo ではどうやって相手を見つけるのでしょうか?おすすめはHelloTalkです。
HelloTalkは1000万人以上のネイティブの中からスペイン語ネイティブで日本語を学びたい人を探せる言語交換アプリです。

LINEのようにテキストや画像、音声を遅れる他、テキストを添削する機能もあります。

この口コミにもあるように間違えが勉強につながる良いアプリです。

現在、南米では日本の食文化やファッション、アニメなどに興味を持ち日本語を学びたい人が多くいます。実際、私の住んでいる南米でUberを使うと日本に興味があって片言の日本語で話しかけてくる運転手に出会います。

共通の話題があると話が弾むので、いいなと思う人に出会うまで数人と簡単な会話を繰り返すと良いでしょう。

基本的な単語を覚える

メッセージアプリを使った会話でよく使う基本的なスペイン語は、本を使って覚えると良いでしょう。

単語帳を使わない勉強法をおすすめする方もいますが、頻出する単語すら調べながら勉強するのは時間効率が悪いです。

まとまった時間を作って集中して語彙力を高めたほうが、その後の学習速度が上がります。

私が語彙力を上げるために使った単語帳は『これなら覚えられる! スペイン語単語帳』です。

「あいさつ」や「たべもの」といった分野に単語が分かれて収録されており、付属するCDを使って発音も確認できておすすめです。

スペイン語上達ステップ2:文法の知識を得る

ある言語を聞いたり読んだり話したりできるようになるためには、文法を知っておく必要があります。

例えば日本語で文章を読む時、文の流れや型といった文法知識を持っているので、素早く読んだり知らない単語の意味を予想できるのです。

スピーキングに特化して文法をおろそかにしがちな勉強法が多いですが、日本語同様にスペイン語も話し言葉と書き言葉は違います。

簡単な意思疎通だけを目指す方以外は文法もしっかり勉強しましょう。

スペイン語文法参考書

私が実際に使ってみて良かったスペイン語の文法参考書を初学者向けと中級者向けそれぞれ1冊ずつ紹介します。

初学者向け『やさしいスペイン語文法』

『やさしいスペイン語文法』は例文も多く、スペイン語の文にカタカナで読み方が書いてあるので初学者におすすめの1冊です。

本にはCDも付属されており、発音練習にも使えます。

例文は短く、基本的なものが多いので繰り返し声に出して丸暗記してしまうのが本書のおすすめの使い方です。

中級者向け『Complete Spanish Grammar』

『Complete Spanish Grammar』は英語話者でスペイン語を勉強している人向けの参考書です。

やさしいスペイン語文法』で一通りスペイン語の文法を学んだ方または英語に馴染みがある方におすすめします。

そもそもスペイン語は言語として日本語よりも英語に近いので、英語文法と対比させながら学習するとニュアンスを会得しやすいです。

オンライン教育サービスUdemy

書籍で一通り文法を学習した後は、オンライン教育サービスのUdemyを利用してステップ3のリスニング力を鍛えながら文法を勉強することをおすすめします。

スペイン語初学者向けのおすすめ講座は『Spanish for Beginners. The complete Method. Level 1』です。

このコースは2019年9月時点で2万4千人が受講しており、5600人が平均で4.7点(5点満点)と高く評価しています。2019年1月からの約半年間で受講者数が1万3千人増えており、Udemyのスペイン語関連コースの中でも人気のコースです。

価格も以前の89.99ドルから19.99ドルに値下がりしており、またいつ値上がりするかわからないので早めの購入をおすすめします。

ちなみにUdemyでは大幅なセールを頻繁に行うため、購入する際はセール時を狙ってください。

Udemyセール時のコース料金

購入から30日以内であれば無償で返金される保証が付くので、コースを購入して損することはないでしょう。

なお詳しいコースの内容や中級者向けのUdemyのコースを以下の記事で紹介しています。

文法を勉強する上でのポイント

一度にすべての文法をマスターする必要はありません。何事も優先順位付けが重要です。
スペイン語文法の場合は以下の順で重点的に学習していくのが良いでしょう。

  1. 現在形
  2. 過去形(点過去・線過去)
  3. 完了形
  4. 進行形(現在・過去)

未来形や接続法は概念を把握するだけにまずはしておきましょう。

未来形は見聞きする機会が少ないですし、接続法は慣れによって習得する部分が大きいからです。

スペイン語上達ステップ3:スペイン語を耳に慣らす

基本的な語彙と文法を習得した次に注力すべきことは、スペイン語を耳に慣らすリスニングです。

英語学習でも同じですが、リスニングを鍛えるにはとにかくが必要になります。

幸いなことに今はYoutubeなどを使って無料でたくさんのスペイン語に触れられます。

以下ではおすすめのスペイン語音源を紹介します。

文法解説チャンネル『ButterflySpanish』

『ButterflySpaish』はスペイン語の文法や単語のニュアンス、発音、豆知識を解説するYoutubeチャンネルになります。

ゆっくりとした聞きやすいスペイン語を話すので、スペイン語文法等を復習しながらリスニングを鍛えるのにおすすめの動画です。

初めて動画を見るときは字幕設定をONにして字幕を見ながら動画を見るとよいでしょう。

様々な話題をスペイン語で『Spanish Podcast』

文法の説明動画ばかりで飽きてしまったときは『Spanish Podcast』をおすすめします。

スペインの奇妙な習慣」等の親しみやすい話題を扱う無料のPodcastで、楽しみながらスペイン語を学べます。

スクリプトがウェブサイトに公開されているので、聞き取れなかった部分を文章で確認できるのが良いところ。

スペイン語上達ステップ4:会話のテンプレートを知る

スペイン語に耳が慣れてきたら会話の準備をしましょう。

会話の準備には「瞬間英作文」の応用をおすすめします。

瞬間英作文とは?

瞬間英作文とは短文の暗唱と同じ意味で、数多くの簡単な英文を滑らかに口に出せるよう何度も暗唱して必要な時に即座に口から出せるようにするためのトレーニングです。

詳しい説明が気になる方はこちらのサイトで確認してください。

瞬間スペ作文用の教材

瞬間スペ作文用の教材には『Splanish Conversation』をおすすめします。

シチュエーション別の短い会話が多く収録されており、各会話のニュアンスの説明もある良い本です。会話に出てくる単語の意味も載っているので、勉強を進めやすい構成になっています。

使い方としてはまずは一度会話を声に出して読んで、気に入ったフレーズを単語帳や暗記アプリ「Anki」など自分が復習しやすい媒体にメモします。

次にメモしたフレーズを口に馴染むまで繰り返し繰り返し暗唱しましょう。

スペイン語上達ステップ5:実際に会話で使ってみる

会話のテンプレートを身につけたらスペイン語話者との会話を楽しみましょう。

教科書では出てこなかったネイティブのこなれた表現が出てきたらメモして、瞬間スペ作文トレーニングをすると更に表現力が高まります。

私はオンライン教室を使った会話練習をおすすめします。

オンライン教室で話す

まずおすすめするのが、インターネット環境があれば自分の好きな時間に会話練習ができるオンライン教室です。

スペイン語を学べるオンライン教室にはDMM英会話Preplyがあります。

DMM英会話

DMM英会話ロゴ

DMM英会話はサービス名にもあるように英会話のイメージが強いですが、実はスペイン語講師を選択してスペイン語を練習することができます。

受講方法はパソコンだけに限定されておらず、スマートフォンやタブレットを使って気軽に利用できるメリットがあります。

オンライン教室を利用した経験がある方は頷くと思いますが、この手のサービスで一番困ることが「予約日時に柔軟性がない」です。

しかしDMM英会話の場合は15分前の直前に予約が可能なので、仕事が早く終わって時間に余裕ができた時にサッと予約ができます。

今ならDMM英会話は2回分のレッスンを無料で体験できますので、コースに申し込む前に自分に合うか試してみてください。

DMMでスペイン語学習
無料で2回まで体験可能

Preply

Preplyロゴ

Preplyは家庭教師のオンライン版のようなサービスで、語学指導経験を持つ講師が多く在籍しているのが特徴です。

自分の学びたい言語や自分のレベル、講師が扱える言語を選択してマッチする講師を選んで授業を受けることができます。

講師の出身国も選べるので、スペインのスペイン語やメキシコのスペイン語と自分の必要に合わせて講師を選べます。

価格帯は日本語も話せるスペイン語ネイティブの講師を選んだ場合で1時間あたり約2千円です。
体験レッスンだけ受けてみるのもありだと思います。

ネイティブ講師とスペイン語会話
体験レッスン可能

スペイン語上達ステップ6:現地でスペイン語を試してみる

最後のステップでは実際にスペイン語圏に行って、練習してきたスペイン語を実際に使ってみましょう。
移住や留学といった長期滞在ではなく、数日間の旅行でも十分です。

日本で練習したスペイン語が現地の方に通じて嬉しい気持ちになったり、あるいは話すのが早くて聞き取れなかったりするかもしれません。

良くも悪くも自分の成長と現状を確かめられてスペイン語学習のモチベーションが上がると思います。

スペイン語を勉強しながら旅行代を稼ぐ

スペイン語を勉強しながらスペイン語圏に旅行するためのお金を稼げたら嬉しいですよね。
そんな夢のようなことができるのがリゾートバイトです。

東京オリンピックが近づいている他、諸外国に比べ物価が低いため外国人観光客が増えています。

外国人観光客が多く宿泊する施設に住み込みで働くことで、外国人との会話機会を持ちながら高い時給で多くのお金を稼ぐことができます。

リゾートバイトをメインに紹介しているサービスを以下の通りで、すべて登録無料です。

リゾートバイトの紹介サービス

とりあえず登録だけしておいて、時間に余裕ができたり良い案件が紹介されたりしたら実際に働いてみましょう。

効率の良いスペイン語勉強法まとめ

効率よくスペイン語を学習するためのステップを簡単にまとめると以下の通りです。

  1. 簡単な挨拶を知る
  2. 文法を把握する
  3. リスニング力を鍛える
  4. 会話の型を覚える
  5. 実践する
  6. 現地で試してみる

スペイン語は簡単に身につくものではありませんが、継続して勉強すれば着実にレベルが上がります。

習得に時間のかかるスキルだからこそ、本記事で紹介した効率の良い勉強法でできるだけ短時間でスペイン語を習得してください。

シンプルで楽ちんな生活を愛する海外在住エンジニア。

暮らしに役立つ買ってよかったモノや知恵をシェアします。