1枚あると便利なパタゴニア フーディニジャケット レビュー

パタゴニアのフーディニジャケットは手元に置いておくと便利と有名な1枚です。

生地がペラペラで一見すると頼りなさそうなジャケットですが、肌寒い日の体温調節や日除け、冷房の風よけと室内外で活躍します。

春秋の昼は暖かいけど日が沈むと肌寒い日や冷房が効きがちな飛行機の機内で私はフーディニジャケットをよく着ています。

様々なシーンで使えるジャケットなので、パタゴニアで働く90%以上の社員が常に持ち歩いている製品です。

本記事ではフーディニジャケットがなぜ使いやすいのかを紹介します。

フーディニジャケット含めて私が気に入っているファッションアイテムを下の記事にまとめています。

とにかく軽い

フーディニジャケットは重さが102gでとにかく軽量。タオルを首に掛けた時よりも重さを感じないくらいに軽いです。

軽さの秘密は厚さ15デニールのナイロン素材と無駄を省いたデザインにあります。

ペラペラな薄い生地

フーディニジャケットの薄い生地

実物を手に取るとわかりますが、厚さ15デニールの生地はペラペラです。

太陽にかざすと画像のように透けるほど薄いです。

ペラペラなので羽織って身体が暖かくなるわけではありません。しかし生地には防風性と撥水性があります。

フーディニジャケットは家で言うと窓のように、内部を雨風から遮断して体温が下がるのを防ぐ働きがあります。

羽織っても暑くないので車内やビーチで日除けとしても活用できます。
生地がサラサラしているので腕に生地がまとわりついて不快になることもありません。

無駄のないシンプルなデザイン

重量を可能な限り軽くするため、フーディニジャケットは他のアウトドアジャケットに比べてデザインが簡素です。

たとえばポケットは胸部分に1つしかありません。

しかもこのポケットは小さいのでモノを入れるためではなく、ジャケットを収納する目的と捉えた方が良いでしょう。

胸ポケットに収納した状態のフーディニジャケット

最近のスマホはサイズが大きい傾向なので、胸ポケットには入りません。

一見すると機能性に乏しいジャケットですが、軽さと防風性に特化している分ついつい手に取る機会が増える不思議なジャケットです。

デザインもシンプルゆえに飽きが来ないのが良いところ。

風を完全に防ぐためのディティール

ジャケット内部の空気を逃さず、外からの冷たい風を遮断するための工夫が丁寧に施されています。

具体的にはジャケットと身体の間で空気が出入りするスペースのディティールに工夫があります。

空気の出入り口
  • 首周り
  • 袖口
  • 裾周り

首周りまで隠れる高い襟元

パタゴニアのフーディニ

フーディニジャケットのファスナーを完全に閉めると、首が隠れるくらいの高さになり首元が隠れます。

この状態でも十分首周りは暖かいですが、冬場ならネックウォーマーやマフラーをすれば完璧です。

顎元部分のジッパー周りの生地

首元のファスナーは金具が肌に直接触れないように工夫されているので、ファスナーを上げきっても不快感はありません。

ゴムでしぼまる袖口

フーディニジャケットのゴム付きの袖口

袖口はシンプルにゴムが入っているので手首にすっきりフィットします。

腕まくりするときも袖がずり下がってこなくて便利です。

ドローコードで裾のバタつきを防止

背中側に付けられたドローコード

裾部分にはドローコードがあるので風が強い日には紐を引っ張れば裾が腰回りに密着して空気の出入りを遮断します。

ドローコードは背中側のみに配置されているので紐をしっかり引っ張ってもお腹側はきつくならずに心地よいフィット感をキープできます。

雑に扱ってもシワにならない

フーディニジャケットのトリプルリップストップナイロン生地

フーディニジャケットはその持ち運びのしやすさから、とりあえずカバンに突っ込んでおくという使い方が多くなります。

私は胸ポケットに収納するのが面倒なのでくしゃくしゃっと丸めてカバンの中に入れています。

こんな雑な扱いをするとシワになりそうと心配になりかもしれませんが、フーディニジャケットなら問題ありません。

フーディニジャケットに使われているナイロン素材は「トリプル・リップストップ・ナイロン」と呼ばれる普通のナイロンより強度が高くて元の状態に戻ろうとする力が強い素材が使われています。

ですのでカバンから取り出した瞬間にはシワがありますが、着ているうちにいつの間にかシワがなくなっています

簡単に手入れができる

フーディニジャケットのタグ

アウトドアジャケットは手入れが複雑で難しそうな印象がありがちですが、フーディニジャケットは家庭の洗濯機を使って洗えます

洗剤も普通の中性洗剤で大丈夫です。私はナノケアを愛用しています。

フーディニジャケットを洗う時の注意点
  • ジッパーを全て閉めて、洗濯ネットに入れる。

    • ジッパーが生地に引っかからないようにするため。
  • 漂白剤や柔軟剤入りの洗剤は使わない。

長く使っていると表面の撥水性がなくなるので、気になる方は年に1~2回の頻度で専用洗剤を使って洗濯してください。

専用洗剤にはグランジャーズをおすすめします。

フーディニジャケットの口コミ

フーディニジャケットを愛用している方々のコメントを集めました。

私同様にほぼ年中使っているというコメントが多いです。

まとめ

最初はこんなにペラペラなのに15,000円もすると驚くかもしれませんが、一度使うとこんなに重宝するのに15,000円しかしないと2回も驚きを味わえるのがパタゴニアのフーディニジャケットです。

春秋の肌寒い時間や夏の冷房の効いた室内、冬の冷たい風の中とオールシーズンで使えるので、ぜひ一度店頭で羽織ってその良さを味わって見てください。

私のお気に入りファッションアイテムを下の記事にまとめています。ぜひ除いてみてください。

関連した記事