パイネ国立公園Wルートトレッキング【事前準備:移動手段・宿泊施設予約編】

こんにちは、うぇるねこです。2017年3月にチリの南部・パタゴニア地方にあるパイネ国立公園のWルートを4泊5日の日程で歩いてきました!

このページを開いたあなたはWルートをトレッキングしたいのだと思います。でも現地の詳細情報はスペイン語で主に発信されているので、何をすればいいのかわからなくて不安なのではないでしょうか?

こうした不安から旅行会社主催のツアーを利用しようと考えているかもしれません。でも実際のところ、パタゴニア地方は治安も良く、事前に必要な情報さえわかっていれば個人手配での旅行が十分可能です。美しい自然の中を集団行動で時間通りに動くのではなく、自分で自由に歩き回ったほうがリラックスできると私は思います。

そこでこのページでは、実際に私がWルートを歩く前にどんな予約をしたのか、どんな予約が必要だったのか不必要だったのかをリアルな情報を共有します。

パイネ国立公園への移動方法

パイネ国立公園に行く方法はチリ側からとアルゼンチン側からの2つの経路が考えられます。それぞれの経路は以下の通り。

チリ側からの行き方

チリ側からのパイネ国立公園へのルート地図

サンチアゴ(Santiago)からプンタ・アレナス(Punta Arenas)まで飛行機で移動(所要時間3時間)。その後プンタ・アレナスからプエルト・ナタレス(Puerto Natales)へバスで移動し(所要時間3時間)、さらにそこからパイネ国立公園までバスで移動(所要時間2時間)になります。

サンチアゴ⇔プンタアレナスの便数が多く旅行の計画を立てやすいので、私はこのチリ側からのアクセスをおすすめします。

なお、毎年12月から3月の夏季にはサンチアゴからプエルトナタレスへの直行限定便があります。毎日便があるわけではないので、旅程とタイミングがあえばご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

アルゼンチン側からの行き方

アルゼンチン側からのパイネ国立公園へのルート地図

ブエノスアイレスからエル・カラファテ(El Calafate)まで飛行機で移動(所要時間4時間)。その後カラファテからプエルト・ナタレス(Puerto Natales)へバスで移動し(所要時間5時間)、チリ側同様にそこからバスでパイネ国立公園へ移動(所要時間2時間)になります。

バスの予約方法

バスは事前にインターネットで予約ができます。もちろん現地のバスターミナルでもチケットを購入できますが、ハイシーズンではバスが満席のために当日にチケットを購入できない場合があるので注意してください。

実際にプンタアレナスからプエルトナタレスの便は満席のため予約していない人は空港で次のバスを待つ形になってました。

プンタ・アレナス⇔プエルトナタレス

Bus-Surが運行しています。パタゴニアで最も大きなバス会社であり、便数が多い。このため、当日のバスの便変更が容易。乗車の際には印刷したチケットが必要なので、忘れずに。

エル・カラファテ⇔プエルトナタレス

Bus-SurとTURISMO ZAAHJが運行。それぞれ期間によって運行する曜日が違います。

ZAAHJは下記メールアドレスに予約希望メールを出せば座席を取れます。支払いはPay-Pal。

プエルトナタレス⇔パイネ国立公園

Bus-Surが運行しています。

パイネ国立公園での宿泊施設

Wルートを歩くにあたってもっとも重要なことが宿泊施設の予約です。公園に入る際に宿泊予定場所を申請する必要があり、宿泊場所を確保していない人は入園を拒否されます。

何日園内で泊まるかは次のように考えるといいでしょう。Wルートの全長は約70km。1日あたり20km歩くとすると4日間は公園に滞在する必要があります。なので最低でも公園にて3泊、余裕を持つ場合は4泊することをおすすめします。

パイネ国立公園での宿泊施設は大きく分けて以下の2択です。以下でそれぞれの施設でどんな設備があるのかや予約方法を説明します。

  • 山小屋(Refugio)
  • テント(Camping)

山小屋の概要

Wサーキット上には下の地図に示すように東側から順に5つの山小屋があります。

パイネ国立公園内の山小屋の位置

  1. ラス・トーレス(Las Torres)
  2. チレーノ(Chileno)
  3. ロス・クエルノス(Los Cuernos)
  4. パイネ・グランデ(Paine Grande)
  5. グレイ(Grey)

出発地点の東西に関わらず、Wルートの経路上にあるチレーノ、ロス・クエルノス、パイネ・グランデにてそれぞれ1泊しましょう。ラス・トーレスまたはグレイでの宿泊はオプションになります。ちなみに私はどんな山小屋があるのかを知るのも楽しみだったので、グレイでも宿泊しました。

山小屋を予約する場合は以下のオプションの有無で値段が変わります。

  • シーツ、毛布、寝袋の有無

利用しない場合は寝袋の持参が必要です。パイネ国立公園はハイシーズンの夏でも平均気温は10度弱ですが、山小屋では暖房が効いているため厚手の寝袋は不要です。

また結局のところ寝袋で寝るので、シーツや毛布が体に触れません。いっそのこと予約しないで節約してしまうのもありだと思います。

  • 食事の有無  

山小屋ではキッチンで料理したコース料理を予約すれば食べることができます。もちろん食料を持ち込んで自身で調理もできます!が、園内では調理場以外での火の利用が禁じられています。夕方みんながお腹が空く時間帯は調理場が非常に混雑していてストレスを感じるかもしれません。また、正直4日分の食料を背負って歩くのは辛いと思います。。。

気になる食事の料金は、朝昼晩の三食込で6000円程度です。一見すると割高な料金設定となっていますが、4日分の食料を自分で運ぶ辛さを考えるとそこまで悪くないと思います。料理の量も質も良く、温かい料理を食べれるので私は予約をおすすめします。

実際の食事の内容は以下の通りでした。

朝食:パンとハム、ベーコン、紅茶やコーヒー

昼食:サンドイッチ、りんご、シリアルバー、チョコバー、ナッツ

夕飯:山小屋によって料理が違いました。

  • チレーノ:ピリ辛スープ、サラダ、パン、サーモングリル、プリン
  • ロス・クエルノス:パンプキンスープ、チキングリル、バターライス、プリン
  • グレイ:トマトスープ、チキングリル、ライス、桃のタルト
  • パイネ・グランデ:コンソメスープ、マッシュドポテト、チキングリル、プリン

山小屋の予約方法

面倒なことに山小屋によって管理している会社が違うので、それぞれの会社HPで予約しなくてはいけません。メインの宿泊場所となるチレーノ、ロス・クエルノス、パイネ・グランデの予約方法を以下で説明します。

チレーノとロス・クエルノスの予約

チレーノとロス・クエルノスはFANTÁSTICO SUR社によって運営されています。

HPの「RESERVEATIONS」を選択します。

FantasticoSur社のHP画面

すると取り扱っている宿泊施設一覧が出てくるので、予約したい宿泊施設を選択します。

FantasticoSur社の宿泊施設一覧

山小屋を選択した後は日付選択欄をクリックして、カレンダー上で宿泊したい日を指定します。グレーになって指定できない日は満席を意味しています。

宿泊できる日付を選べたら価格が表示され、宿泊者人数を選べるようになります。人数を指定してから、必要な食事を選択します。朝昼晩の3食を希望する場合は「Full Board」の部分の数を変更しましょう。

選択が完了したら画面下の「Book Here」を選択します。

FantasticoSur社予約での個人情報入力画面

すると個人情報を入力する画面に移動します。

各欄に以下の内容を入力しましょう。

  • Passenger Name:パスポートと同じ内容をローマ字で入力
  • Country:国籍なのでJapanを選択
  • Date Birth:誕生日。日-月-年の順です
  • Nro Passport:パスポート番号を入力
  • Email Address:メールアドレスを入力
  • City:市町村を入力。例えば世田谷区ならSetagaya-ku
  • Phone:電話番号。日本の番号は「+81-」に続けて先頭の「0」をのぞいた電話番号
  • Address:住所を入力。例えば世田谷区1-2ならSetagaya-ku 1-2
  • Notes:アレルギー等がある場合は記入しておいた方が良いです。

入力し次第、「I’ve read and accept the conditions」のチェックボックスにチェックをいれて「$Pay」を選択します。

するとPay-Palの決済画面に移動しますので、決済を実行して終了です。

決済終了後しばらくすると予約完了のメールが届きますので、印刷して旅行時に持参しましょう。実際は山小屋の名簿に宿泊者がリストアップされていますので、バウチャーを山小屋管理者に見せる必要はありませんでした。ですが念のため、持参してください。

パイネ・グランデの予約

パイネ・グランデはVertice Pagagonia社によって運営されています。

HPの左側にある日程と人数の入力欄に希望日と宿泊者人数を入力し、3段目の通貨を「United States Dollars(米ドル)」に変更します。できたら「SEARCH」を選択します。

VerticePatagonia社HP画面

サイト自体が重いので、次の画面に移動するのに時間がかかります。しばらくすると検索条件で予約が可能な山小屋と宿泊オプション一覧が表示されます。

VerticePatagonia社予約可能食博施設一覧

選択肢は上から順に、

  • ベッドのみ・寝袋持参
  • ベッドのみ・寝袋持参・3食付き
  • ベッド・シーツ・毛布
  • ベッド・シーツ・毛布・3食付き

希望するオプションの「BOOK」ボタンを押すと個人情報入力画面に移ります。

VerticePatagonia社予約個人情報入力画面

各空欄に下記情報を入力してください。

  • E-mail address:メールアドレス
  • First Name:名(ローマ字)
  • Last Name:姓(ローマ字)
  • Nationality:国籍なのでJapanを選択
  • Passport Number:パスポート番号
  • Country of Residence:居住国なのでJapan
  • Comment:食事にアレルギーがある場合は記載をおすすめします。

入力できたら「I accept the general conditions of Vertice SA」のチェックボックスにチェックをいれて「GO TO PAYMENT」をクリック。

決済画面に移動するので、クレジットカード番号、有効期限、カード裏側の3桁のセキュリティコードを入力して右下の「Pagar」をクリックして完了!

決済が完了してしばらくすると、メールが届きます。バウチャーを忘れずに印刷してください。チェックインの際に提示するよう必ず求められます。

 

テントの概要

Wサーキット上には下図に示すようにテント泊用のキャンプサイトが7つあります。

パイネ国立公園内キャンプサイト位置

  1. ラス・トーレス
  2. チレーノ
  3. トーレス(無料)
  4. ロス・クエルノス
  5. フランセス
  6. イタリアーノ(無料)
  7. パイネ・グランデ
  8. グレイ

山小屋の場合と同じように、予約すべきキャンプサイトはチレーノ、ロス・クエルノス、パイネ・グランデです。

キャンプサイトを利用する場合はテント・マット・寝袋が必要になります。有料のキャンプサイトを利用する場合、これらキャンプ道具をレンタルできますが事前予約が必要です。一方で無料のキャンプサイトを利用する場合、当然ながらキャンプ道具を持参しなくてはいけません。日本からの荷物が増えて嫌な方は、プエルトナタレスの街中で道具をレンタルすると良いでしょう。

またフランセス以外の有料キャンプサイトは山小屋が併設されているため、予約すれば山小屋と同じ食事を食べれます。荷物が食料で重くなるのが嫌な方は予約しましょう!ちなみに飲水は園内を流れる川や山小屋の水場で調達できますので大量に持ち込まなくても大丈夫です。世界の中でもかなりキレイで美味しい水なので、積極的に汲み取っていきましょう。笑

テントの予約方法

テントも山小屋と同様にFANTÁSTICO SUR社Vertice Pagagonia社にて予約をします。それぞれの管理会社が管轄しているキャンプ地は以下の通り。

  • FANTASTICO SUR:ラス・トーレス、チレーノ、ロス・クエルノス、フランセス
  • Vertice Patagonia:パイネ・グランデ,グレイ

予約方法の詳細は山小屋の場合と同じですので、割愛します。

おわりに

パイネ国立公園でWルートのトレッキングをするのに必要な事前準備を紹介しました。

繰り返しとなりますが、もっとも重要なのは園内での宿泊予約です。予約は遅くとも旅行の1ヶ月前にしなければ、満席になってしまいます。早めのアクションをおすすめします。良いWルートを!